the path to power: Japanese politicians

フランスでの国家議員の人事・昇進は、国会議員中の有力者とその他の者との間のほとんどあらゆる面での大きな相違と、多数派支配の論理にフ結びついた権力闘争によって特徴づけられ、政治経歴以前の個人的諸資源の多寡、ならびにリーダーとの関係が大きな意味を持つ。

それに対して自民党では、ほとんどすべての国会議員がほぼ同様な経歴パターンをたどり、同じよう昇進の機会を広く与えられながら、その中でゆっくりと長期的な選抜が行われた。この平等主義的原則と他の世界からの隔絶の結果、権力を共有する共同体的な組織運営が自民党の国会議員集団の中に形成されていたのである。

野中尚人: 自民党政権下の政治エリート:新制度論による日仏比較. 東京大学出版会.1997
p232.

Advertisements

Tagged: , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: