Monthly Archives: June 2014

Reinterpretation of collective self-defense

Narushige Michishita: Professor, National Graduate Institute for Policy Studies / Seiichiro Murakami: Member of the House of Representatives, LDP

source: FCCJ

村上诚一郎(当选9期,原属于河本派,高村派)八卦:民主党的前党首冈田克也是他的妹夫。
从简历来看,他出任过小泉的内阁特命大臣以及产业,财务方面的职务。
并非防卫和宪法方面的专业人士,不明白为什么FCCJ邀请他。其次,在修改的程序上,他与安倍有分歧,反对首相有释法权力,而是应该交给司法以及最高法院,演讲一开始就表明了立场。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140701/k10015645131000.html

自民・公明両党は、1日朝、与党協議を開き、従来の憲法解釈を変更して、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定案で合意しました。
政府は、与党内の了承手続きが終わるのを待って、1日夕方、臨時閣議を開き、閣議決定を行うことにしていて、戦後日本の安全保障政策は大きな転換点を迎えることになります。

11回目となる与党協議では、政府側が、武力行使の新たな3要件に基づき、「日本と密接な関係にあ る他国に対する武力攻撃が発生し、日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある場合に、必要最小限度の実力を行使するのは自衛の 措置として憲法上許容されると判断するに至った」などとする閣議決定の最終案を示しました。
これについて、自民・公明両党からは、特に異論は出ず、従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定案で合意しました。
両 党は、それぞれ党内の了承手続きを進め、このうち、自民党は、午前11時から党の意思決定機関である総務会を開き、村上誠一郎元行政改革担当大臣が、閣議 決定案に反対する考えを示しましたが、野田総務会長が「大多数が賛成なので、総務会長判断で了承としたい」と述べて、総務会は終了しました。
一方、公明党は政調全体会議を開いて閣議決定案を了承しました。
このあと、午後1時半から中央幹事会を開き、党内の手続きを終える見通しです。
そして、山口代表が与党協議の自民・公明両党のメンバーと総理大臣官邸を訪れて、安倍総理大臣と会談し、合意を正式に確認することにしています。
これを受けて政府は、1日夕方、臨時閣議を開いて閣議決定を行い、安倍総理大臣が記者会見して行使の容認を決定した理由などを説明することにしています。

Advertisements

20 academic resources on the Uyghur issue

Dr Jonathan Sullivan Hompeage

Chinese state media is now reporting that police are looking for two suspects from Xinjiang Uyghur Autonomous Region in connection with the “terrorism related incident” in Tiananmen Square on Monday. Given what little is known about the incident as yet, I don’t want to add to speculation about this specific incident. But, as western media outlets have done a good job of highlighting, tensions between the Uyghur, Han and the Chinese state are long-term and the result of a multitude of different reasons-religious, ethnic, economic, social and political. Xinjiang is, as James Palmer (@BeijingPalmer) vividly demonstrates in this ChinaFile piece, the embodiment of a disharmonious society and I imagine recent events likely mean tighter conditions for the Uyghur in the near term. I don’t research the Uyghur issue per se, but the following are 20 relevant academic resources that I encountered while researching a paper on China’s relations…

View original post 363 more words

Capital in the Twenty-First Century _Thomas Piketty

for those(including me) who have not read his book.

Kent Calder talks about his new book “asian in washington”

you may find details here

http://www.brookings.edu/research/books/2014/asia-in-washington

It is quite interesting that he raised a new conception, of “global political cities”, instead of the nation state as  main actor in international relations.

He also gave some indicators of how to analyze Asian ‘ influences in Washington D.C.

eg: embassy (China, the largetest), FTA, official/working visits

Although he tired to explain Japan’s relative inactivity in Washington in a comparative perspective, he ended up in talking more about rising China.

 

 

 

former Japan Prime Minister Tomiichi Murayama-After the visit to South Korea

source: http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2014/02/r00026942/

卒寿の元首相 村山、河野談話の正統性を力説

元首相としては、かつてなく饒舌で思い切りのいい会見だった。

今回の韓国訪問(2月11日~13日)の経緯、成果についてお話しいただいたが、やはり焦点は、河野、村山両談話の評価。質問もここに集中した。村山談話については、「歴代政権が継承してきており、ある意味国際的な約束事、日本の国是みたいなもの。安倍(晋三首相)さんも否定できない」と、その正統性を強調、河野談話については、さらに踏み込んだ。すなわち、慰安婦募集の強制性、ヒアリング調査の信用性という観点から同談話を再検証すべきだ、という現行の議論に対して以下のように反論した。

「(談話は)業者、軍、政府関係の資料を調べて総合的に判断して作られた。軽はずみに根拠なく作った作文とは思えない。事実がなかったと、詮索する意味はない。収まった問題をあげつらい、『日本はけしからん国だ』といわれる状況を作って何になるのか」。再検証は必要とは思えない、むしろ、日本の立場を一層悪くするのではないか、との懸念といら立ちをにじませた形だ。

尖閣、日中問題については、中国側メディアから3人の女性記者が質問、リベラルな元首相から中国側に有利な言質を引き出さんとするものもあった。村山氏は日中どちらの領有権に正当性があるかについては若干フラットな発言をしたものの、本旨としては、小異を超えて大同につくべきだとの立場から首脳会談の早期実現への強い期待を表明した。

3月3日で90歳になった。同じ首相の名前を冠した政策・路線であるアベノミクスと村山談話。どちらがより長命でしょうか、との質問に対しては「それは村山談話に決まっちょる。歴史談話じゃけん」との答えをいただいた。

企画委員 毎日新聞論説室専門編集委員 倉重 篤郎

we shall overcome

by Pete Seeger

We shall overcome, someday. We will be living in peace.

———-

We shall overcome,
We shall overcome,
We shall overcome, some day.

Oh, deep in my heart,
I do believe
We shall overcome, some day.

We’ll walk hand in hand,
We’ll walk hand in hand,
We’ll walk hand in hand, some day.

Oh, deep in my heart,
I do believe
We shall overcome, some day.

We shall live in peace,
We shall live in peace,
We shall live in peace, some day.

Oh, deep in my heart,
I do believe
We shall overcome, some day.

We are not afraid,
We are not afraid,
We are not afraid, TODAY

Oh, deep in my heart,
I do believe
We shall overcome, some day.

The whole wide world around
The whole wide world around
The whole wide world around some day

Oh, deep in my heart,
I do believe
We shall overcome, some day.

daily poem- rainy

東京はようやく梅雨に入りました。

 

虞美人・聽雨

元代蔣捷

 

少年聽雨歌樓上,紅燭暈羅帳。

壯年聽雨客舟中,江闊雲低,斷燕叫西風。

而今聽雨僧盧下,鬢已星星也。

悲歡離合總無情,一任階前,點滴到天明。


I failed to translate it into English.