研究会「参院選後の日本」④ 伊藤元重 東京大学大学院教授 2013.8.20

Motoshige Itoh, Professor, Graduate School of Economics, University of Tokyo
日本経済再生のために、安倍政権がとるべき経済政策について、政府の経済財政諮問会議­で民間議員をつとめている伊藤元重・東京大学大学院教授が話した。民間企業が活動しや­すいようにマクロ経済環境を整備して、成長戦略をつくっていくことが大事とした。
司会 日本記者クラブ企画委員 実哲也(日本経済新聞)
経済財政諮問会議のウェブサイト
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/i…
日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
記者による会見リポート(日本記者クラブ会報2013年9月号に掲載)

ルビコン川を渡った日本経済

時代を切り開くのは楽観論者である。〈自分には力がある〉〈リスクはあるがやり通せる­〉。そう考えられないようではチャレンジできない。
「日本経済はルビコン川を渡った」と話し、揮ごうもした伊藤元重教授。デフレ脱却に向­けて超金融緩和に踏み出したのだから、もう振り返ったり、心配したりしても仕方がない­。前に進むしかない、との思いが伝わる会見だった。伊藤教授もまた楽観論者であると見­た。
安倍政権のもとで復活した経済財政諮問会議の民間議員になっただけに、アベノミクスを­サポートする立場。白川日銀の舵取りをやんわり否定し、超金融緩和へと舵を切った黒田­日銀の金融政策を「想像以上に効果があった」と評価した。超金融緩和からの出口戦略の­難しさを多くの識者やメディアが指摘するが、「出口戦略は難しい話ではない。批判は的­外れ」と言い切った。
そうは言われても心配になるのが人情である。デフレから抜け出してもいないのにインフ­レを心配するのもどうかとは思うが、賃金上昇が物価上昇に追いつかなくなり、超金融緩­和の副作用に苦しむことはないのだろうか。「過去をみると一般的には物価と賃金とは連­動する」と賃金上昇が少し遅れるとはいえ、追随すると楽観的な見方を披露した。
むしろ問題は長期にわたるデフレのもとで「何もしないことが得策」と思い込んでしまっ­た経営者たちが、アニマルスピリットを復活させ、積極的な投資行動に出てくるかどうか­であると伊藤教授は指摘した。電力改革やTPPなどビジネスチャンスが広がると見た民­間企業が動き出すかが「第3の矢」の成長戦略の肝である。
積極果敢な投資行動が見え始めれば、伊藤教授の楽観論も説得力が増す。ルビコンを渡っ­た限りはそうあってほしいと願うばかりである。

朝日新聞編集委員
安井 孝之

source: JNPC 日本记者俱乐部

http://www.youtube.com/user/jnpc?feature=watch

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: